ジュース用トマトの雨よけハウスを建てました

初夏らしい、暑い日がやってきましたね。
飯田市では先日ついに、30℃を超える気温になりました。

今日は、ジュース用トマトの苗を、畑に植え付けました。

加工用トマト

最近、ゲリラ豪雨のような激しい雨が降ることが多くなり、トマトの栽培が難しくなってきました。
トマトは乾燥した気候を好むので、雨が多いと病気になりやすくなってしまうのです。

そこで今年は、雨よけのできるビニールハウスを建てて、半分は雨よけ栽培をすることにしました。

ビニールハウス建設

まずは、骨組みになる鉄パイプを畑に立てて、金具でつなぎ合わせながら固定してゆきます。

雨よけハウス設置

骨組みが出来上がったら、上にビニールを張ってゆきます。
今回のハウスは、雨よけ用なので、天井にだけビニールを張ります。

トマトの雨よけハウス

ハウスの幅は、ちょうどトラクターで通れる広さにしました。

加工用トマト

生分解性の黒マルチと、稲わらを敷いて、トマトを植え付けます。

ジュース用トマト

稲わらで周りをおおわれているのが、加工用トマトの畑です。(右側はトウモロコシの畝です。)
残り半分は、今年も露地栽培ですが、これで収穫量と品質が良くなって、美味しい無塩トマトジュースがたくさんできるといいな、と期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA