ジュース用のトマトを植えました

加工用トマトの定植

今日は、トマトジュースの原料となる、加工用のトマトを植えました。

今年は、全部で4品種のトマトを作っています。いろいろな品種を栽培して、より美味しいトマトジュース用のトマトを探しています。

合わせて90株ほど!

元気に育ってくれるよう、願っています。

加工用トマトの定植

このトマトを収穫して、トマトジュースが出来上がるのは、秋頃になりますが、昨年作ったトマトジュースは現在販売中です。

これからの暑い季節にぴったりの、スッキリとして美味しい、無塩トマトジュースです。

よろしければ、どうぞお試しください。

無塩トマトジュース

トマトジュース塩分の摂取量を気にされる方にも、お気軽に飲んでいただける無塩タイプです。原料のトマトの味が濃厚なので、無塩でもしっかりとした味に仕上がりました。

1瓶(720ml) ¥750

稲わらの中から…

稲わらマルチ

これから、トマトジュース用のトマトを植える予定の、畝と畝の間に、稲わらを敷き詰めています。

トマトジュースの原料となる加工用トマトは、地這い栽培といって、そのまま地面に枝を伸ばしてゆく育て方をします。

そのため、実が土に触れてしまわないよう、黒いマルチとマルチの間に、あらかじめ稲わらを敷いておくのです。

稲わらマルチ

この稲わらは、去年の秋に収穫した田んぼのものですが、なんと、中からこんなものが出てきました。

ネズミの巣?

 

短く切った藁で作られた、フワフワの塊です。

ネズミの巣…でしょうか?

去年も同じ作業をしていて、稲わらの山の中から、ネズミの赤ちゃんを発見したので、そう想像したのですが…。残念ながら、今年はネズミ本人(?)には出会えませんでした。

一昨年は、同じように稲わらを移動していたら、底の方から蛇が這い出してきて、本当にびっくりしました。ネズミの巣を狙って、やってきていたのでしょうか。

藁の山の中で、色々なドラマが生まれているのかと思うと、面白いですね。

 

 

お田植

田植え
乗用田植え機

今日は、先日代掻きをした田んぼで、田植えをしました。

ここ数年は、子供たちも少しだけ田植え機に乗せてもらって、楽しそうに運転しています。

最初の年は、一目でわかるほどグニャっとした線になっていましたが、最近はコツを覚えたのか、まっすぐに植えられるようになってきています。

お田植え

そのあと、機械で植えきれなかった場所に、手植えで苗を足してゆきます。

途中、カエルの大合唱が始まったと思うと、急に雨が降り出し、雷まで鳴りだしました。まるで夏の夕立のようでした。

田んぼのカエル

フルーツとうもろこしが育っています

フルーツとうもろこし生育中

先日は、季節外れの霜が降りて、標高850mの我が家のトウモロコシ畑は、氷点下まで下がりました。

もしかして、凍って枯れてしまったかな?と心配をしましたが、不織布を全面にかけて保温していたおかげで、無事でした。

不織布で霜よけ

最初に種まきをしたトウモロコシの苗は、このくらいの大きさになり、すくすく育っています。

フルーツとうもろこし生育中

まだまだ、今月いっぱいは、種まきが続きます。

信州花フェスタへ行ってきました

アルクマ熱気球
信州花フェスタ

代掻きが終わり、少し安心できたので、畑仕事を一日お休みして、家族で信州花フェスタへ行ってきました。

信州花フェスタ」とは、松本や安曇野などの大きな公園を会場に、色とりどりの花を眺めることができる、というイベントです。

安曇野汽船の気球

私たちのお目当ては、安曇野汽船が出展している熱気球です。朝の時間帯だけ、係留されている熱気球に乗ることができると知って、出かけてきました。

一回5分ほどの、短い時間でしたが、空に浮かんでいる感覚はとても面白かったです。

信州花フェスタ

公園内も、一面の花畑や、サボテンを集めたコーナー、大道芸(私たちが見たときは、口から炎を吹いていました!)などがあり、しっかり楽しんできました。

6月16日まで開催されているそうなので、興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

代掻きをしました

ゴールデンウイーク真っ盛りですね。ここ数日、スッキリしなかったお天気も、今日は快晴になりました。

こいのぼり

毎年、この時期は田んぼの準備に、トウモロコシ畑に、家庭菜園と、農作業が一気に忙しくなります。

トラクターで代掻き

今日は、田んぼの代掻きをしました。

春先に耕しておいた田んぼに水をため、田んぼの泥を、トラクターでかき混ぜながら、平らにならしてゆきます。

代掻きをして、田んぼが全て水に浸かるように、表面を平らにすることで、田植えがしやすくなり、雑草も生えづらくなります。

子供たちの代掻き

トラクターでうまく平らになりきらなかった場所は、トンボという道具を使って、手作業で泥を動かし、きれいにします。まだ水面から出ている部分の土をトンボで押して動かし、水面から田んぼの土が見えなくなるように、泥を移動させます。

今年は、子供たちも手伝ってくれました。

トンボで田んぼの表面をならすのは、ちょうどデコレーションケーキのクリームを塗るのに似ていて、なかなか楽しい作業です。…ケーキ作りと違って、泥の中を歩くので、足が疲れますが。

ゴールデンウイークに入って、ご近所の田んぼに次々と水が張られたので、夕方にはカエルの大合唱が聞こえてくるようになりました。

フルーツとうもろこしの種まきが始まりました

満開の八重桜

先週から、まるで夏のような暖かさがやってきました。ソメイヨシノは散って葉桜になってしまいましたが、そのかわりに、我が家ではようやく八重桜が満開になりました。

ブルーベリーの花

ブルーベリーの花も、咲き始めました。

フルーツとうもろこし畑

フルーツとうもろこしの畑でも、いよいよ種まきが始まっています。

暖かくなったと言っても、畑の場所は、標高850m。

今の時期は、まだまだ寒い日もあり、霜も心配です。

そこで、気温が安定する季節までは、種をまいた上から不織布をかけて、保温しています。元気な芽が、そろって出ますように、と願いながらの種まきです。

リスに遭遇

今日はなんと、家からトウモロコシ畑へ行く途中に、リスの親子に遭遇しました。

リス

親リスが、3匹の子リスを連れて、車道に飛び出してきたのです。とっさのことで、上手く写真が取れなかったのが残念です。

不思議なほど人間を怖がらないリスで、車のすぐそばまで来てしばらく遊んでいましたが、またどこかへ走り去ってしまいました。

キツネやタヌキは、もう何度か目撃したことがありますが、リスは初めてです。クルクルと身軽に動き回る様子は、今まで見た野生動物の中で、一番かわいかったです。

トウモロコシ畑の準備

フルーツとうもろこしの畑も、だんだんと準備が進んできました。種まきまで、もう少しです。

お花見日和

弁天厳島神社
弁天厳島神社の桜

今日は、ここしばらくの寒さが嘘のように暖かい一日でした。朝の気温も、氷点下が続いていたのですが、今朝はひさしぶりに霜の心配もせずに済みました。

寒さで遅れていた飯田の桜も、今日の暖かさで、一斉に満開になったようです。

桜

絶好のお出かけ日和だったので、子供たちに春休み中からずっとリクエストされていた、天竜川の船下りに行ってきました。天竜船下り(https://www.gokai-tenryu.com/)という、40分ほどのコースです。

天竜船下り

ずっと飯田に住んでいても、なかなか船下りをする機会がなかったのですが、ようやく実現しました。普段見ている風景も、川の中から眺めると、また違って見えて面白いものですね。

天竜川は流れが激しく、水しぶきが飛んでくることもよくあるそうですが、今日は流れも穏やかで、ゆっくりと川下りを楽しむことができました。

原木キノコづくり

原木キノコの駒打ち
梅の花

紅梅が散りだす今頃になって、ようやく大梅の花が咲き始めました。

今日は良いお天気だったので、春休み中の子供たちを誘って、原木キノコの種菌打ちをしました。

原木キノコの種駒

今年は、シイタケ、ヒラタケ(しめじ)、ナメコの3種類です。

「種駒」といって、小指の先ほどの木片に、キノコの菌糸を培養したものを購入して、使いました。

原木キノコの準備

まずは、原木に電気ドリルで穴を空けます。

原木キノコの種駒打ち

ドリルで開けた穴に、一つずつ種駒を打ち込んでゆきます。原木には、種駒とちょうど同じ大きさの穴を空けてあるので、木づちでたたくと、簡単に入ってくれます。

今年は、キノコ3種類、だいたい20本くらいの原木に駒打ちをしました。

駒打ちの作業は、子供たちだけで、ほぼ全てやってくれました。最近は、色々な作業で戦力になってくれて、本当に成長を感じました。