切り干し大根を作りました

昨年は、ダイコンが大豊作で、年が明けてもまだまだ大量のダイコンが畑に残っていました。

そこで、畑に埋め込んで貯蔵していたダイコンを使って、切り干し大根を作ることにしました。

大根の保存

去年の12月に、畑に埋め込んだダイコンが、まだまだ美味しく食べられます。
ですが、春になって暖かくなると、だんだんと腐っていってしまうので、美味しいうちに、加工してしまうことにしました。

切り干し大根

皮をむいてから、包丁で拍子木切りにして、一週間ほど天日干しをします。

切り干し大根

乾くと、驚くほど縮んで小さくなります。

切り干し大根

切り干し大根

切り干し大根は、自分の家で作ると、売り物とは一味違って、歯応えも味もしっかりとして美味しくできあがります。
切るときに、太めに切るせいでしょうか。

去年は、お味噌汁の具に大活躍でした。

畑に保存してあるダイコンがなくなったころに、食べるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA