休校中と田んぼの生き物

緊急事態宣言が解除され、ようやく小中学校が再開されました。
親も子供も、今のところとりあえず、ですが、日常生活に戻りつつあります。

休校中は、家で暇を持て余していた子供たち。
最近の流行りは、田んぼの生き物探しでした。

この日は、捕まえたタニシを餌にして、ザリガニを釣ろうとしていました。
…が、どうやら成功しなかったようです。結局、網ですくっていました。

ザリガニ釣り

ザリガニ釣り

ホウネンエビ、という不思議な姿の生き物も、田んぼで発見しました。
オタマジャクシと一緒に写っている、黄緑色の体にオレンジのしっぽを持ったエビです。
緑色のエラのような脚のような部分をはためかせて、ラッコのように仰向けで泳いでいます。

ホウネンエビ

田んぼのそばの水路では、プラナリアも見つけたよ!と教えてくれました(私には、上手く発見できませんでした…)。

プラナリア

子どもたちのおかげで、田んぼの周囲には、思ったよりもたくさんの生き物が住んでいることがわかりました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA