市田柿を下ろし始めました

朝が氷点下の日が続くようになり、ようやく冬らしくなってきました。

今年は暖冬と雨がちなお天気のせいで、市田柿の完成が遅れ気味ですが、それでもだんだんと完成に近づいてきています。

今は、ある程度まで干した市田柿を一つずつ「柿のれん」から下ろして、粉を吹かせる作業をしています。

下ろしたての柿は、まだドライフルーツのような見た目で、割ってみるとまだ水分も多く、ゼリーのような果肉です。

市田柿

少し粉が出てきた市田柿は、こんな感じに。
徐々に水分が抜けて、果肉がアンコ状になってきます。

市田柿

完成までは、まだ時間がかかりますが、皆様のもとへお届けするのが楽しみです。
それまで、今しばらくお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA