地域のこと」カテゴリーアーカイブ

アルクマ熱気球

信州花フェスタへ行ってきました

信州花フェスタ

代掻きが終わり、少し安心できたので、畑仕事を一日お休みして、家族で信州花フェスタへ行ってきました。

信州花フェスタ」とは、松本や安曇野などの大きな公園を会場に、色とりどりの花を眺めることができる、というイベントです。

安曇野汽船の気球

私たちのお目当ては、安曇野汽船が出展している熱気球です。朝の時間帯だけ、係留されている熱気球に乗ることができると知って、出かけてきました。

一回5分ほどの、短い時間でしたが、空に浮かんでいる感覚はとても面白かったです。

信州花フェスタ

公園内も、一面の花畑や、サボテンを集めたコーナー、大道芸(私たちが見たときは、口から炎を吹いていました!)などがあり、しっかり楽しんできました。

6月16日まで開催されているそうなので、興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

弁天厳島神社

お花見日和

弁天厳島神社の桜

今日は、ここしばらくの寒さが嘘のように暖かい一日でした。朝の気温も、氷点下が続いていたのですが、今朝はひさしぶりに霜の心配もせずに済みました。

寒さで遅れていた飯田の桜も、今日の暖かさで、一斉に満開になったようです。

桜

絶好のお出かけ日和だったので、子供たちに春休み中からずっとリクエストされていた、天竜川の船下りに行ってきました。天竜船下り(https://www.gokai-tenryu.com/)という、40分ほどのコースです。

天竜船下り

ずっと飯田に住んでいても、なかなか船下りをする機会がなかったのですが、ようやく実現しました。普段見ている風景も、川の中から眺めると、また違って見えて面白いものですね。

天竜川は流れが激しく、水しぶきが飛んでくることもよくあるそうですが、今日は流れも穏やかで、ゆっくりと川下りを楽しむことができました。

田舎暮らしの本

「田舎暮らしの本」に掲載されました

昨年末に取材を受けた記事が、「田舎暮らしの本」2019年2月号に掲載されました。

この号では、「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」を特集していて、長野県飯田市が「自然の恵み部門」で第2位になったことから、飯田市に移住した人、として私たちが取材を受けました。

飯田市は、人口10万人以上の都市の総合ランキングでも6位に入り、長野県では最高位でした。自然の豊かさだけでなく、住んでいる人たちが素敵な、飯田市の魅力が伝わるといいなと願っています。

お近くの書店で見かけたら、お手に取ってみてください。

「田舎暮らしの本」のサイトからも、一部見ることができます。他にも、さまざまな自治体の取り組みなどが紹介されていますので、興味のある方は、ぜひご一読ください。