黒にんにく

炊飯器で黒にんにく作り

先月収穫したニンニクが、ようやくしっかり乾いてきたので、黒にんにくを作りました。

黒にんにく

作り方は簡単、炊飯器で2週間、保温し続けるだけです。

黒にんにく

ニンニクの臭いがついてしまうので、古くなった炊飯器を、黒にんにく専用に使っています。
今回は、1台お古をいただいたので、2台の炊飯器で同時に作りました。

ニンニクから出る水分を吸い取るために、ニンニクの上にも下にも、一枚ずつ丸めた新聞紙を入れておきます。
途中で1~2回、新聞紙が濡れていたら取り替えます。

黒にんにく

2週間後、炊飯器から取り出すと、こんな感じになっています。

皮をむいて食べてみると、甘くとろりとした触感で、お菓子のようです。
不思議なことに、ニンニク臭は完全に消えています。

食べると、疲れがスッと取れるので、我が家では一年中、せっせと作っては、作業の後などに食べています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA