トウモロコシの雄ずいを切る

台風に備えて…

フルーツとうもろこしの発送は、順調に進んでいますが、今週末はなんと台風上陸の予報!

台風に備えて、倒伏防止のために、今日は夕方からフルーツとうもろこしの雄ずいを切る作業をしました。

トウモロコシの雄ずい(雄花)は、風に揺られて花粉を落とすようにできています。そのため、風を受けるのに適したかたちをしています。

その性質のおかげで、トウモロコシは台風などの強い風が吹くと倒伏しやすいのです。

トウモロコシの雄ずい

少しでもフルーツとうもろこしが倒れないように、受粉が終わった株の、雄花の部分だけをチョキチョキと切り取ってゆきます。

トウモロコシの雄ずいを切る

雄花を切り取ったトウモロコシは、こんな感じです。

ちょうど、ワーキングホリデー(農業体験)の方が来てくれていたので、一緒に手伝っていただき、作業が進みました。